よくある質問

お客さまからお問い合わせの多い質問・疑問についてお答えいたします。

よくある質問一覧

Q01. 防蛾灯は、なぜ効果があるんですか?

夜蛾は、日光の当たる昼間は活動を停止(明適応)し、夜間になると行動を開始(暗適応)します。
防蛾灯はこの性質を利用し、光で夜蛾に昼と勘違いさせ行動を抑制します

Q02. 農薬散布は不要になりますか?

残念ながら、不要にはなりません。
防除できる害虫は下の表「効果のある害虫」をご確認ください。
アブラムシ・青虫などの害虫や、ウイルス・細菌などには効果がありません
他の防除方法で対処ください。

Q03. どんな害虫を防除しますか?

夜間に活動する、ヨトウガ・夜蛾・カメムシなどを防除します。
詳しくは下の表をご確認ください。
効果のある害虫例:ハスモンヨトウ・オオタバコガ・シロイチモジヨトウ・ペニフキノメイガ・コウモリガ・アケビコノハ・モモノゴマダラメイガなど

Q04. 防蛾灯を点灯開始するタイミングは何月ですか?

吸汁夜蛾対策は、その年の発生時期に合わせて点灯を開始してください。
メイガとチャバネアオカメムシは、春先から活動します。
ヨトウムシ対策は、苗の定植または発芽直後(同日)に点灯を開始し、収穫が終了するまで点灯すると、越冬する幼齢幼虫や蛹を減少させます。
【モスバリア】なら電気代の心配はありません。

Q05. 点灯時間は何時から何時ですか?

害虫の活動は日没から明け方(朝夕ともに薄暗い頃)までです。その間点灯してください。
日没の時間は刻々と変化します。外付けの照度で点滅するタイプを推奨します。

Q06. 設置には工事業者が必要ですか?

必要ありません。お客様ご自身で設置が可能です
HPに必要な部材を掲載しています。部材は、ホームセンターで販売しています。
【モスバリアジュニア】を地上に設置したい方は、別売りの専用金具がございます。通常、吊るしてご使用ください。

Q07. 温室での使用はどうなりますか?

温室では害虫が中で代替わりをし、農薬に耐性がつきますが、防蛾灯で害虫に耐性がつくことはありません
【モスバリアジュニア】のサイズは温室に最適です。
温室の外壁が鏡のようになり光を反射させ葉陰を減少させます。
作物高より約2mの高さが設置位置となります。天井が低い場合は複数個設置必要な場合があります。ご相談ください。

Q08. 天敵農薬と防蛾灯は同時に使えますか?

使えます。天敵農薬(生物農薬)として、現在販売されている昆虫類は昼間活動し、夜間は葉陰などで休みます。
防蛾灯は夜間の害虫対策、天敵農薬は昼間の害虫対策として活用ください。

Q09. なぜ補助灯が必要なのですか?

防蛾灯を設置した場合、防蛾灯の四隅や作物の横が影になり、影から害虫が侵入し、被害にあうことがあります。
作物全体を光で包囲するように、補助灯も合わせて設置することが大切です。

【モスバリア】の光が包み込んだ図

Q10. 購入後、雷で故障しないか不安です…

果樹園に設置する【モスバリア】には避雷装置がついます。雷に直撃されなければ、途中のヒューズが切れて、本体の故障を防ぐ仕組みです。
防蛾灯が点灯しないときは、雷を疑い、避雷装置を確認ください。
ヒューズが切れていた場合、予備ヒューズと交換し、切れたヒューズを持参してホームセンターでご購入ください。
被害を防ぐためにも、必ず予備ヒューズをボックスに入れておいてください。

Q11. 電源がないのですが使用は可能ですか?

電気引き込み工事を推奨します。
工事についての説明は以下です。
ソーラーの設置費用と電気引き込み工事費用を比較してみました。
モスバリア1灯用(約50W)のソーラー設置費用は約8から10万円です。
(ただし、2015年に販売されているソーラーの平均的な価格です。)
電気引き込み工事費用は約7万円で、ソーラーより安価です。
(2015年、岡山県の事例です。県によって違います。見積もりを取ってください)
また、ソーラーはモスバリア1灯用で、複数の点灯では複数のソーラーが必要です。 電気を引くと作業用の照明や複数の防蛾灯の点灯も可能になります。
自動車用のバッテリーを毎日、充電・交換すれば、モスバリアの点灯は可能です。 しかし、複数の点灯では複数のバッテリーが必要で大変な労力になります。 電気引き込み工事は、業者が申請から工事まですべてしてくれます。
検討する価値があると思っております。

電気の新規引き込み工事について

Q12. すべてのカメムシに防除効果がありますか?

残念ながら、種類によって防除できないカメムシがあります。
果実に食害を及ぼす主なカメムシは、チャバネアオカメムシ・クサギカメムシ・ツヤアオカメムシの3種類です。
このうち【チャバネアオカメムシ】を防除します。

チャバネアオカメムシ

Q13. 防蛾灯にカメムシが寄ってくると聞きますが…

チャバネアオカメムシ以外のカメムシは防蛾灯付近の木に集まることが多いそうです。防蛾灯の点灯直後は注意して観察し、農薬散布などで早めに対処ください。

Q14. 防蛾灯に農薬がかかっても大丈夫ですか?

【モスバリア】の外装はアルミとアクリル板で出来ていますので、鉄のように腐食することはありません
農薬がかかった場合、表面の汚れは濡れたタオルでふき取ってください。
乾いた布でふくと、キズがつくことがあります。ご注意ください。

Q15. 周辺の環境で注意することはありますか?

稲の圃場・花卉栽培・民家に接している場合はご相談ください。
【モスバリアFORフラワー】は光の出方に工夫がされています。
圃場を背にして【モスバリアα】を設置する方法も効果的です。

Q16. タイマーが面倒なので、24時間点灯しても大丈夫ですか?

【モスバリア】には明るさセンサーを標準装備しています。
他の機種は必ずタイマーを使用ください。LEDや電子部品の寿命は点灯時間に比例します。
昼間に黄色のテープ等(アブラムシの誘引テープ)にアーバン色の光が当たり、反射光が発生すると、反射光に誘引される害虫も気がかりです。

Q17. 斜面に設置したいんですが?

下の図は【モスバリア】を水平園地と斜面園地に設置したイラストです。
光は円形に出ます。斜面でも水平と同じように設置ください。
ただし、端に葉陰ができやすくなりますので、補助灯の設置をお勧めします。

Q18. 200ボルトの電源でも使えますか?

はい、200ボルトの電源でも以下の方法で【モスバリア】は使用できます。

【用意するもの】
・変圧器(海外旅行用の200V→100V用のトランスで良い)
・防水ボックス
・防水パッキン
・防水パテ


【作業工程】
1)防水ボックスに電線用の穴を開ける
2)防水パッキンを1)で開けた穴にはめ込む
3)穴と防水パッキンの隙間を防水パテで埋め、防水を完全にする


4)穴からモスバリアのコードと200Vの電線を入れる
5)モスバリアの差し込みプラグを変圧器のコンセントに差し込む
6)変圧器のコードと200Vのコードを直接つなぐ
または、200Vのコードにコンセントを付け、変圧器の差し込みプラグを差し込む方法もある

【電気の流れる順番】

無料お試しキャンペーンのさらに詳しい情報

詳しくは、お電話かメールでお問い合わせください
0869-67-2424 メールで問い合わせる