アザミウマの拡散防止効果

(1)農研機構 2014 年 「光を利用した害虫防除のための手引き」にアザミウマが走光性を示さない赤色光(波長630nm)を照射すると成虫数の減少および果実被害度の軽減があると発表。

(2)静岡県では、メロン栽培で赤色光の照射がアザミウマの拡散防止効果が高いとの研究成果を発表。

㈱ゼロビームのアザミウマ防虫灯の特長

LED製品で長寿命製品である。
電気代が、1ヶ月 200円。電気代を気にしないで長時間点灯が可能。
光が円形360°に出て、ハウス全体を光で包み効果が高い。

アザミウマ製品の波長

使用LEDの波長域と波長630nmの位置
波長図はLED製造メーカーのホームページより引用

LEDレッド(630nmをピークとし、600nmから650nm)

LEDレッドの特長
拡散抑制効果の高い波長630nmが波長のピークであり、拡散抑制効果が高い。

LEDアーバン(610nmをピークとし、500nmから700nm)

LEDアーバン製品の特長
波長 500nm~600nm が半分を占め、防蛾効果があります。
24時間点灯することで、昼はアザミウマ拡散抑制、夜はヨトウムシ・オオタバコガなどの食害の防止が可能です。
アブラムシは黄色に誘引される性質を持っています。
この製品でアブラムシを増やすことはありませんが、場合によっては粘着テープ設置等の対策をしてください。

アザミウマ対策製品紹介

モスバリアジュニアⅡ
LED レッド
モスバリアジュニアⅡ
LED アーバン
スペック
サイズ:φ74mm×H460mm
重量:850g
電源:AC10VL(50/60Hz共用)
消費電力:28W
照射距離:半径15m

設置方法

アザミウマに対する効果的な設置の方法
1、定植と同時に点灯する。
2、農薬でアザミウマを防除してから点灯する。
3、葉裏対策に反射シートを併用

モスバリアをメロン・茄子・マンゴー・ネギ等で実証してきました。
アザミウマが全体に拡散しているハウスに設置しても効果は実感できませんでした。
定植と同時または、事前に農薬でアザミウマを撃退後に設置すると、メロンのように大きな葉を持つ作物でも、一部の葉裏にアザミウマが発生しても今までのような急激な拡散は防げました。

農家様のお言葉をお借りすると、農薬散布しても、間もなく風で運ばれたり、人の出入りで持ち込まれ、メロンの葉裏に発見直後に、アッという間にハウス全体に拡がり困っていた。
点灯後は一部の葉裏にアザミウマが居ても、拡がらないので助かっている。
農薬もアザミウマが居る所だけ限定して散布すれば良く、楽になった。

モスバリアは農薬のようにアザミウマを死滅させるものではありません。
赤色光のアザミウマに対する効果を理解し、正しい設置方法が大切です。

点灯時間
アザミウマの活動は昼間ですが、明け方と夕方が一番活発です。
夜明け前の暗いうちから点灯し、夕方は薄暮が終わり暗くなって消灯してください。
LEDアーバンでヨトウムシ対策兼用は24時間点灯してください。

設置位置と設置灯数
作物の上に設置し、光が作物を包み込むように設置してください。
アザミウマは葉の下に潜んでいることが多く、作物によって作物高、葉の形や大きさ、葉の重なり具合等が違います。
ネギのように葉が円錐形で全体に光が届きやすい作物と、メロンのように作物が高く、葉が水平で、大きな葉が重なりあっている作物では面積やハウスの大きさが同じでも、設置数が違ってきます。
条件に応じた設置を考慮ください。

【設置実例】アザミウマ用

農業用設置実例 A-1 メロンのアザミウマ対策

設置状況
設置年月:2015年4月
設置場所:岡山市
製  品:モスバリアα  アーバン
     モスバリアジュニア  アーバン
     モスバリアジュニアⅡ  レッド(2016年追加)
作物:メロン ブランド名 足守メロン
対象害虫:アザミウマ

設置前
アザミウマを発見すると、最優先で農薬散布していた。
お客様の注文対応のため出荷作業を遅らせない時がある。
農薬散布が後回しになると、瞬く間にハウス中に拡散、被害に困っていた。
設置後
葉裏にアザミウマを発見しても、以前に比べ葉裏に留まっている。
アザミウマは葉裏に常在し、いなくならないが、少数であり、拡散が少ない。
風が強いと外からハウス内にアザミウマが入ってくるため時折数を増やす時があるが、以前の拡散速度に比べると抑制的で、被害は軽微で、落ち着いて農薬散布ができるため、助かっている。
以前より、農薬散布回数、農薬使用量ともに減っている。
また、アザミウマが減ってからは、菌やベト病の被害も減っている。








農業用設置実例 A-2 ネギのアザミウマ対策

設置状況
設置年月:2017年5月
設置場所:兵庫県三田市
製  品:モスバリアジュニアⅡ  アーバン
作物:下仁田ネギ 露地栽培
対象害虫:アザミウマ

新芽にヨトウムシ被害、成長後はアザミウマの両方が発生する。
加害葉を落としたネギは、姿の良いネギの半値になることもある。
両方の被害を防止し、売上金額の確保を目的に設置。

設置前
新芽にヨトウムシ・オオタバコガの被害で定植より栽培数が減少。
畝のネギが歯抜け状態になることもあった。
成長後はアザミウマ被害で品質の悪いネギが多発し収入減に。
設置後
ヨトウムシ等の苗や新芽の被害はほとんどなかった。
ネギは、円錐形の形が幸いしたのか、光が全体に届いた。
外周の被害は、面積に比べ設置機種が小さく、加害されたと推測。
2017年6月 モスバリアジュニアⅡ アーバンを追加購入。




農業用設置実例 A-3 いちごのアザミウマ対策

設置状況
設置年月:2017年5月
設置場所:宮城県刈田郡  有限会社 杜のいちご
製  品:モスバリアジュニアⅡ  レッド 4灯
     モスバリアジュニアⅡ  アーバン 4灯
作物:いちご(ケーキ・業務用として首都圏で販売)
対象害虫:アザミウマ





2018年4月 1年間使用し、アザミウマの発生・拡散が少なくなり、効果は良かったとの報告がありました。
今年も引き続き使用し被害軽減を期待しますとのことでした。

農業用設置実例 A-4 マンゴーのアザミウマ対策

設置状況
設置年月:2016年3月から2017年12月
設置場所:宮崎県
製  品:モスバリアジュニア  アーバン
作物:マンゴー
対象害虫:アザミウマ(設置ハウスと未設置ハウスを比較検討)

農協様の協力のもと実証。
2016年9月 1回目の結果報告
設置なし→アザミウマが発生
設置あり→アザミウマの発生が少ない





2017年11月 2回目の結果報告
昨年に引き続き、設置ハウスではアザミウマの発生数が少なく、設置がアザミウマの被害減少に効果があったと判断できると報告あり。